現在の掲載台数436

2020/10/22更新

パーツアシスト

スズキ

更新日:2020/09/21

フロンテ800デラックス 最終型 水冷2サイクル3気筒

Point

現存動態車10台未満!?フロンテ800発見!各部リメイク済美車!機関良好

    現存台数大変少ないフロンテ800 知らない方、見た事が無い方も多いのではないのでしょうか?ノスタルジック2デイズ出展車。会場では多くの方に絶賛いただきました。
    大変特徴的な後ろ姿。旧い絵本の中の未来の車のような、当時で言えば近未来的デザイン。大好きです。
    コンパクトで良いデザインのクーペスタイル このデザインでコラムシフトのFF車とは意外です。サスペンションは前輪ウイッシュボーン/トーションバー後輪はトレーリングアーム/トーションバーの4輪独立懸架。
    ヘッドライト横まで伸びたフロントグリル。いい顔してます。総生産台数約2700台 現車は最終型。最終生産に近い車です。
    現存数は博物館等所有車含め十数台、内動態車は5台前後では?と言われています。
    後ろ回りも大変綺麗。単純なデザインのバックパネルに赤い丸型のレンズが四つ。シンプルですがとてもいい!白いボディに映えます。
    どこから見ても良い車。車体のわりに大きなトランクフードにはボンネット同様にプレスラインが入ります。
    タイヤサイズは5.00R12LT。サイズとリボンにこだわり見つけました。海外製の商用車用タイヤです。リボンタイヤにメッキのホイールキャップ。良い眺めです。
    シンプルながら良いデザインのインパネ。そのボディデザインからは想像できぬレトロなステアリングが良いですね。
    メーター右には時計。オプション品なのか社外品を付けたのかは不明ですが違和感ありません。その右はライトスイッチ。イグニッションキーシリンダーはここに付きます。
    メーター左にはシガライター、チョークノブ、ワイパースイッチ、三角に配置されているのがお洒落!
    中央にはラジオ。Sマーク入りの純正品。メーカーはTEN。今は見ない筆記体のロゴが素敵!
    当たり前のようですが、一番左はグローブボックス。
    大変綺麗な室内、外せる物は全て外してクリーニング&リメイクしました。綺麗なだけでなく清潔です。
    後期型は運転席がハイバックになっています。何故なら運転席だけヘッドレストが義務付けられたから。シート地はオリジナルで程度良好。職人さんにレースのカバーを作っていただきました。
    品良い色の内装色にレースのカバーが似合います。
    リアシートも良い状態。極端に酷いものではありませんが背もたれ上部に日焼けによる変色と傷みがありましたのでレースのカバーを付けました。張り替えるのは簡単ですが、悪くないオリジナル生地を残したかったのです
    ひどい傷み無く、天張の状態は良好。バイザーも左右とも綺麗です。
    開口部も広くフロアもフラットで使いやすく収納力あるトランクルーム。右端に付く箱型の物はバッテリー。トランクフロアのマット、バッテリーのカバーは純正品。傷みやすいものですが、綺麗に残っていました。
    綺麗なエンジンルームに搭載の機関はC10型水冷直列3気筒2サイクルエンジン。独特の軽やかなエンジン音(目を閉じて聞くとジムニー?(笑))で白い煙を吐きながらダッシュ一番!軽い車体を元気に走らせます。
    現存台数大変少ないフロンテ800 知らない方、見た事が無い方も多いのではないのでしょうか?ノスタルジック2デイズ出展車。会場では多くの方に絶賛いただきました。

    現存台数大変少ないフロンテ800 知らない方、見た事が無い方も多いのではないのでしょうか?ノスタルジック2デイズ出展車。会場では多くの方に絶賛いただきました。

    大変特徴的な後ろ姿。旧い絵本の中の未来の車のような、当時で言えば近未来的デザイン。大好きです。

    大変特徴的な後ろ姿。旧い絵本の中の未来の車のような、当時で言えば近未来的デザイン。大好きです。

    コンパクトで良いデザインのクーペスタイル このデザインでコラムシフトのFF車とは意外です。サスペンションは前輪ウイッシュボーン/トーションバー後輪はトレーリングアーム/トーションバーの4輪独立懸架。

    コンパクトで良いデザインのクーペスタイル このデザインでコラムシフトのFF車とは意外です。サスペンションは前輪ウイッシュボーン/トーションバー後輪はトレーリングアーム/トーションバーの4輪独立懸架。

    ヘッドライト横まで伸びたフロントグリル。いい顔してます。総生産台数約2700台 現車は最終型。最終生産に近い車です。

    ヘッドライト横まで伸びたフロントグリル。いい顔してます。総生産台数約2700台 現車は最終型。最終生産に近い車です。

    現存数は博物館等所有車含め十数台、内動態車は5台前後では?と言われています。

    現存数は博物館等所有車含め十数台、内動態車は5台前後では?と言われています。

    後ろ回りも大変綺麗。単純なデザインのバックパネルに赤い丸型のレンズが四つ。シンプルですがとてもいい!白いボディに映えます。

    後ろ回りも大変綺麗。単純なデザインのバックパネルに赤い丸型のレンズが四つ。シンプルですがとてもいい!白いボディに映えます。

    どこから見ても良い車。車体のわりに大きなトランクフードにはボンネット同様にプレスラインが入ります。

    どこから見ても良い車。車体のわりに大きなトランクフードにはボンネット同様にプレスラインが入ります。

    タイヤサイズは5.00R12LT。サイズとリボンにこだわり見つけました。海外製の商用車用タイヤです。リボンタイヤにメッキのホイールキャップ。良い眺めです。

    タイヤサイズは5.00R12LT。サイズとリボンにこだわり見つけました。海外製の商用車用タイヤです。リボンタイヤにメッキのホイールキャップ。良い眺めです。

    シンプルながら良いデザインのインパネ。そのボディデザインからは想像できぬレトロなステアリングが良いですね。

    シンプルながら良いデザインのインパネ。そのボディデザインからは想像できぬレトロなステアリングが良いですね。

    メーター右には時計。オプション品なのか社外品を付けたのかは不明ですが違和感ありません。その右はライトスイッチ。イグニッションキーシリンダーはここに付きます。

    メーター右には時計。オプション品なのか社外品を付けたのかは不明ですが違和感ありません。その右はライトスイッチ。イグニッションキーシリンダーはここに付きます。

    メーター左にはシガライター、チョークノブ、ワイパースイッチ、三角に配置されているのがお洒落!

    メーター左にはシガライター、チョークノブ、ワイパースイッチ、三角に配置されているのがお洒落!

    中央にはラジオ。Sマーク入りの純正品。メーカーはTEN。今は見ない筆記体のロゴが素敵!

    中央にはラジオ。Sマーク入りの純正品。メーカーはTEN。今は見ない筆記体のロゴが素敵!

    当たり前のようですが、一番左はグローブボックス。

    当たり前のようですが、一番左はグローブボックス。

    大変綺麗な室内、外せる物は全て外してクリーニング&リメイクしました。綺麗なだけでなく清潔です。

    大変綺麗な室内、外せる物は全て外してクリーニング&リメイクしました。綺麗なだけでなく清潔です。

    後期型は運転席がハイバックになっています。何故なら運転席だけヘッドレストが義務付けられたから。シート地はオリジナルで程度良好。職人さんにレースのカバーを作っていただきました。

    後期型は運転席がハイバックになっています。何故なら運転席だけヘッドレストが義務付けられたから。シート地はオリジナルで程度良好。職人さんにレースのカバーを作っていただきました。

    品良い色の内装色にレースのカバーが似合います。

    品良い色の内装色にレースのカバーが似合います。

    リアシートも良い状態。極端に酷いものではありませんが背もたれ上部に日焼けによる変色と傷みがありましたのでレースのカバーを付けました。張り替えるのは簡単ですが、悪くないオリジナル生地を残したかったのです

    リアシートも良い状態。極端に酷いものではありませんが背もたれ上部に日焼けによる変色と傷みがありましたのでレースのカバーを付けました。張り替えるのは簡単ですが、悪くないオリジナル生地を残したかったのです

    ひどい傷み無く、天張の状態は良好。バイザーも左右とも綺麗です。

    ひどい傷み無く、天張の状態は良好。バイザーも左右とも綺麗です。

    開口部も広くフロアもフラットで使いやすく収納力あるトランクルーム。右端に付く箱型の物はバッテリー。トランクフロアのマット、バッテリーのカバーは純正品。傷みやすいものですが、綺麗に残っていました。

    開口部も広くフロアもフラットで使いやすく収納力あるトランクルーム。右端に付く箱型の物はバッテリー。トランクフロアのマット、バッテリーのカバーは純正品。傷みやすいものですが、綺麗に残っていました。

    綺麗なエンジンルームに搭載の機関はC10型水冷直列3気筒2サイクルエンジン。独特の軽やかなエンジン音(目を閉じて聞くとジムニー?(笑))で白い煙を吐きながらダッシュ一番!軽い車体を元気に走らせます。

    綺麗なエンジンルームに搭載の機関はC10型水冷直列3気筒2サイクルエンジン。独特の軽やかなエンジン音(目を閉じて聞くとジムニー?(笑))で白い煙を吐きながらダッシュ一番!軽い車体を元気に走らせます。

    ASK

    お気に入り この車について問合せる

    車種スペック

    年式 1969/S44
    ボディタイプ セダン
    排気量 800cc
    ハンドル -
    ミッション コラムMT
    乗車定員 5名
    使用燃料 ガソリン
    燃料供給装置 キャブレター
    駆動方式 前輪駆動
    ドア数 2枚
    ボディカラー ホワイト(ホワイト系)
    車体寸法 (全長x全幅x全高)
    387mmx148mmx136mm

    状態

    走行距離 44000キロ
    修復歴 無し
    点検記録簿 無し
    取扱説明書 無し
    車検 車検無し
    リサイクル預託料 リ未

    装備

    純正ホイール あり

    保証

    法定整備

    お店からのコメント

    ノスタルジック2デイズ2020出展車
    このスタイルでFF!?しかもコラムシフト!?2サイクルで3気筒!?その稀少さは国宝級!?生産台数台数約2700台、現存数は博物館等所有車含め十数台、内動態車は5台前後では?と言われている超希少車 フロンテ800 スタイル、機構等、時代の先を行き過ぎて?販売に結び付かなかった名車(迷車?)このフロンテ800を、いつもお世話になっているベテラン旧車乗りのSさんが、長年車庫の奥でカバーをかけられ、大事に保管されていた現車を発見。前オーナーと親しくなり「走れるようにするなら」と、この希少なフロンテ800を譲っていただけることに。「こんなのを喜んでやるのは・・・」と、当店にお声掛けくださったのです。感謝!たくさんの写真を見せていただき、基本的な状態良さを確認。「是非!」という事で当店にやってきました。これはノスタルジック2デイズに持っていくしかない!と決め、時間をかけ研究を重ね(とにかく資料が無い、部品が無い)多くの方のお世話になり、頑張って仕上げました。(簡単に書きましたが、相当の努力をしました)完成したのは2デイズ開催2日前。出来上がったその姿は想像以上!どこへ出しても恥ずかしくない仕上がりと確信しています。当然会場でも注目の的!「初めて見た!」「この車何?」「よくこの状態で!」等、たくさんの驚きとお褒めの声をいただきました。見た目だけでなく、機関、足回りも手抜かりなく手を入れました。試運転しましたが、その走りは想像以上!白い煙を吐きながら2サイクル独特のエンジン音を奏で、元気に走ります。手を入れた内容はとてもここには書ききれません。記録はあります。本気で購入をお考えの際は説明させていただきますのでお声掛けください。この希少な美しきフロンテ800 元気に走らせながら後世に残したいものです。この車を仕上げるにあたりお世話になった皆様に、この場を借りて心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。現車は車庫にて保管しています。恐れ入りますが、現車確認ご希望の際は事前に電話にてお問い合わせください。Goo-netにその他多数の画像がございます。是非ご覧下さい。日本自動車鑑定協会 鑑定済車

    販売店情報

    オートサークル

    営業時間
    10:00~20:00
    定休日
    月曜 
    住所

    群馬県前橋市石関町201

    MAP
    027-212-6988

    一部ダイヤル回線、IP電話、ひかり電話はご利用できない場合がございます。

    お問合せ